ビタホワイトプラス クニヒロ 成分

ビタホワイトプラス「クニヒロ」に含まれている成分について

 

ビタホワイトプラス「クニヒロ」には、体の内側から、しみを改善・予防する効果があります。

 

代表的な成分は、ビタミンC、L-システイン、ビタミンE、ビタミンB2です。

 

 

ビタホワイトプラス「クニヒロ」によって得られる効果

 

ビタミンCでしみ・そばかすを改善・予防します。

 

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の成分と副作用

ビタミンCには、しみやそばかすの原因になるメラニン色素を体内に作らせない働きがあります。

 

原因となるメラニン色素を作らせないことで、しみ・そばかすを作りにくくしてくれるのです。

 

また、色素沈着してしまったメラニンの色素も薄くしてくれる効果もあるので、すでにできてしまったしみやそばかすを目立たなくしていってくれます。

 

日焼けやかぶれによる色素沈着にも効果を発揮し、黒い色を薄くしてくれるのです。

 

さらにビタミンCは、私たちの体に大切なコラーゲン生成に非常に役立ってくれます。

 

コラーゲンは、肌のハリや弾力をキープしてくれる大切な成分なので、しみ・そばかすをケアしながら美肌を目指せます。

 

他にも、ビタミンCは、疲れた時や風邪を引いた時の体力回復の元にもなりますし、妊娠・授乳期の女性や高齢の方のビタミンC補給目的としても効果があります。

 

 

L-システインで新陳代謝アップ

L-システインは、体の内側から新陳代謝をアップさせる、別名美肌アミノ酸とも呼ばれる成分です。

 

このL-システインが、肌の新陳代謝を活発にして、しみ・そばかすの原因であるメラニン色素の排出を促します。

 

ビタミンCとの相性も抜群で、2つの成分が協力し合い、体内でメラニンが作られるのを防ぎつつ、肌の再生機能であるターンオーバーのサイクルを正すことで、新たなしみが作られないように働きかけます。

 

 

ビタミンEで肌を明るくします

ビタミンEには、肌の毛細血管を拡げることで、肌の血行を良くしてくれる効能があります。

 

血行が良くなれば、肌が明るくなるのはもちろん、新陳代謝が上がりますので、しみ、そばかすの緩和に効果があります。

 

白く明るい肌が手に入るなんて嬉しい成分ですね。

 

 

ビタミンB2でニキビを抑制します

肌の炎症により、その部分の新陳代謝がうまくいかないことで、内側にメラニンが溜まってしまい、後々、しみやそばかすになってしまいます。

 

ビタミンB2で、ニキビの原因である脂質を分解し、毛穴に詰まらないよう皮脂腺の働きを調節することにより、ニキビが発生しないよう予防します。

 

 

副作用について

 

ビタホワイトプラス「クニヒロ」の成分と副作用

ビタミンに関しては、しみや肌へ良いのはもちろんですが、歯茎の出血、鼻血がよく出る人の予防としても有効的な成分です。

 

ビタホワイトプラス「クニヒロ」は、このように他の高価なしみ対策商品と同様なしみや肌に良い成分が豊富に含まれています。

 

それなのに低価格で手に入れることができるので、コストパフォーマンスの良い商品と言えるでしょう。

 

しかし、少なからず副作用もありますので、以下の症状が出た場合には、服用を中止して、医師、薬剤師または販売登録者に相談するようにしてください。

 

  • 吐き気をもよおしたり、嘔吐してしまうことがあります。
  • 腹痛や下痢の症状が現れる場合があります。

 

また、どの症状(しみ・そばかす、歯茎などの出血など)に対しても、約1ヵ月服用し続けても、改善がみられない場合は、服用を中止してください。

 

薬が合わない、そもそもの原因が異なる場合があります。

 

 

用法用量

 

年齢 1回量 1日の服用量
成人(15歳以上) 2錠 3回(食後を推奨)
7歳以上15歳未満 1錠 3回(食後を推奨)
7歳未満

服用できません

 

  • 噛まないよう、水もしくはお湯で服用すること。
  • 小児に服用させる場合には、保護者がしっかりと管理・指導すること。

 

 

関連ページ

しみ・そばかす対策にビタホワイトプラス「クニヒロ」
ビタホワイトプラス「クニヒロ」としみ・そばかすの関係について。体の中から肌トラブルを改善してくれるビタホワイトプラス「クニヒロ」の概要をまとめたページです。しみ・そばかすにお悩みの方、必見です。
ビタホワイトプラス「クニヒロ」・使用上の注意
ビタホワイトプラス「クニヒロ」を服用する前に確認しておいた方が良い項目をまとめました。保管の仕方や病院での検査が必要なタイミングなど、様々なパターンを書いています。
ビタホワイトプラス「クニヒロ」の購入手段
ビタホワイトプラス「クニヒロ」の取り扱いショップや料金についてを調べました。キャンペーン情報の有無についても記載中。安値で買いたい方にオススメな記事です。